TODAY IS ANOTHER DAY

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の夜に聴くベストアルバム

「雨の日に聴くベストアルバム」に続き、「夏の夜に聴くベストアルバム」です。「夜」としたのがポイントですね。最近の夏の歌と言えば、「Everyday、カチューシャ」とかがパッと思い浮かんでしまいますが、そういう夏らしい暑苦しい歌(爆)ではなく、聴くと涼しい夜を思い浮かべるような…そう、今年は節電の夏ですから。

と、よくわからないところに着地しましたが、そんな感じでどうぞ(ぐだぐだ)


夏音


夏音 -the starry sky-

01.抱き合いし恋人 / ASKA
だいたい、ASKAの歌詞には季節感のあるものが少ない。そんな中、ASKAソロの夏の歌といえば、この曲。お酒を飲みながら聴きたくなる楽曲ですね。

02.HANABI / 愛内里菜
今となっては愛内里菜のラストシングルとなった楽曲。「離れても この広い空で僕らは繋がっている」などなど、引退することを意識した歌詞のように感じますし…当時、ファンの間でも引退が噂されていたりしました。この曲もそうですが、基本的に愛内里菜の曲はハイクオリティですよね。いい曲です。だがしかし里菜りんに興味はない(爆)

03.夏夜空~君のいない夏~ / 美元智衣
「夏夜空」なんで、もうぴったりですね。完璧です。さすがちーちー様。最近かなりライブやってますが、全部スルーしてしまってます。ごめんなさい。この場を借りて謝罪(なぜ)
歌詞の中の「花火」は、前の曲から続けてたりします。意図的にです。偶然じゃないぜ。

04.ナイター / Do As Infinity
Do As 再結成後のアルバムからの選曲のため、多少はマイナーなのかもしれませんが。個人的にかなり好きなバラード曲です。もう歌を聴くと東京ドームを連想します(巨人ファンですいません)。「いい娘でしたか」って、絶対にいい娘ですよあなたーって感じです。光景が思い浮かびますね。

05.今夜も星に抱かれて… / 絢香
実は、自分が絢香を聴くきっかけになった曲。水嶋ヒロの嫁ですね、ええ。まあ、どうでもいいわけですが。この曲は名曲だと思います。

06.泣いて / 宇徳敬子
夏の歌というと「夏の日の恋」だとは思うわけですが。あんまりその曲を聴いていないということで(爆)、この曲になりました。「夏」も「星」も歌詞として出てくるので、こちらの方がぴったりです。あは。必然です。いちいち名曲ですね、宇徳敬子。

07.遠い星を数えて / ZARD
夏に「来年の夏も」や「二人の夏」というのはもう、飽きるほど聴いたので(爆)。ちょっと違う攻め方ですね。坂井泉水さん自身もこの曲は好きだったようです。夜空の下を歩くときは聴きたくなる曲ですね。カッコいいことって、カッコ悪いよ。名言です。でもカッコ悪いこともカッコ悪いので、俺はどうすればいいんだと思ったり思わなかったり。

08.夏の終わり / CHAGE and ASKA
ベタですね。やめようかと思いましたが入れてみました。「星屑のシャンデリア」でもよかったかもね。でも、夏と言えばこれでしょう。「終章みたいな曲を書いてくれ」とスタッフに言われて作った曲なんだとか。なんとなく、夕暮れ時のホームを思い出しながら聴く曲でしたが、これからは夜のホームを思い浮かべようと思います。

09.Don't Wanna Lie / B'z
すいません、夏とか全然関係ないっす。最近ハマってるから入れてみました。あは。「今夜月の見える丘に」とかでもいいかなって思いましたが、敢えてこっちにしてみました。後悔はしてません。いや、良い曲ですよ「Don't Wanna Lie」。久しぶりにB'zでハマった曲かもしれませんね。

10.夏音 / GLAY
このアルバムタイトル曲。アルバムのイメージを形作ったのも、夏の歌ベストを作ろうと思ったのも、もっと言うと雨の歌ベストのタイトルが「雨音」になったのも、この曲のせいおかげです。いい曲です。しばらくGLAYから離れていた僕を見事に惹きつけました。

11.風と星とメビウスの輪 / Mr.Children
あまりミスチル詳しくないっす。この曲は、このアルバム作るためにいろいろ曲を聴いてたときに偶然聴いて、「あ、いいかも」と思った曲でした。「星になれたら」とかもいいかなって思ったんですが。これまたマニアックな方を選ぶ癖。でも、いい曲だよね、これ。気に入ったかも。

12.Seven Nights / 倉木麻衣
最後にマニアックな落とし方をしてみようかと(爆)。いやいや、これくらいしか最後に持って行けそうな曲がなかったのです。いい曲なので問題なし。アルバムの雰囲気(ジャケット)とも合ってるし、非常にうまく締めてくれます。助かったよ麻衣ちゃん。麻衣ちゃん麻衣ちゃん(爆)


ということで、「夏の夜に聴くベストアルバム」でした。
やってみると意外と、曲が集まるもんだなと。太陽の下で暑苦しく動き回るだけが夏ではないのですね。参ったか、カチューシャガールズ。
最近あっちゃん推しに変わりつつある、あすか七でした。
スポンサーサイト

| Music | 22:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうですね~、夏は夜ってのが日本的感性ですよねぇ。カチューシャやシュシュつけて砂浜行ってる場合じゃあないっすねw

そうは言ったものの、自分自身暑苦しい男なんで(爆)パッと思いついたのは暑苦しい曲ばっかりでしたw個人的に夏の夜なら…「眠れない夜を抱いて」かな、と。本当眠れませんしねw
あっちゃんは…、笑顔が好きですw

| まさし | 2011/07/12 23:59 | URL |

“夏の終わり”のCHAGEの後ろから追いかけるASKAの声が
好きです。

“夏音”といい素敵なアルバムですね!

| 飛雅 | 2011/07/14 00:07 | URL |

>> まさしくん
そうだね。ちなみに、個人的にはカチューシャよりシュシュが好きかな。
あ、曲の話ね、曲のw

ZARDは、夏の名曲が多いね。
あっちゃん素敵です。麻里子様も素敵です。こじはるも素敵です。

| あすか七 | 2011/07/14 21:03 | URL |

>> 飛雅さん
「裏ASKA」ですね(笑)

夏音もいい歌ですよね。ありがとうございます。

| あすか七 | 2011/07/14 21:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aska07.blog44.fc2.com/tb.php/976-7c7768a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。