TODAY IS ANOTHER DAY

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

I'm waiting 4 you

某氏から「まだか」という攻めの波動をビシバシ受けてるので、そろそろ公開します。2004年12月8日に発売された、GARNET CROW 4th album「I'm waiting 4 you」です。

前作「Crystallize~君という光~」から約1年ぶりとなった作品。その間、ライブツアー「GARNET CROW livescope 2004~君という光~」を敢行するなど、充実した音楽活動を送っており、固定ファンもガッツリ付きました。ただ、前作が少し、「世界観が変わった」という声もあり、インディーズ時代からのファンは少し離れた、という噂もあり。ですが、曲のクオリティは相変わらず。

本作のオリコンランキングは最高11位となっており、実は今までに出したアルバムの中で一番順位が低いのです。ですが、自分も含めて、ファンの間ではかなり人気の高いアルバム。

「この4は4枚目のアルバムという4と、GARNET CROW は4人のメンバーであるという意味の4と For You の4にかけています。タイトルの意味は、直訳すると“私はあなたを待っている”。これは、今までライヴを体験してきた中で、GARNET CROW を待っていてくれる人がいるのを目の当たりにして、私達にはそういう人たちが必要、大切だという意味を含めて名付けました」(中村由利)


Im_wating_4_you.jpg


01.夕月夜 … ★★★★★
タイトルである「夕月夜」は、古典用語で「夕方と夜の間に出る月」という意味だそうです。歌詞の中にも和を感じさせる古典用語が多く使われており、非常にAZUKI七らしい、いい雰囲気を作り出しています。
曲順を決めるのが大変だった、という中で、唯一パッと決まったのが、この「夕月夜」を1曲目にすることだったそうです。ファンの間でも大人気の楽曲。

02.冷たい影 … ★★★★☆
この「夕月夜」から「冷たい影」への繋ぎ方が神だと思う今日この頃。「夕月夜」と似たような雰囲気というか、どこか神秘的な、日本的な空気が漂っています。
アルバムの中に入れておくとキラリと光る曲かな、と思います。こちらもファンの間では人気の高い曲。

03.忘れ咲き … ★★★★★
17thシングル。TVアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマでした。
GARNET CROW の曲で好きな曲を挙げて下さい、と言われると、僕はこの曲を選びます。「GARNET CROW らしさ」って、どこか一般ウケしないところがあるんですが、この曲はどこか、「ガーネットらしさ」と「一般ウケ狙い」が巧く融合されてるような気がします。ファンも一般人も好きになれる曲。
「GARNET CROW livescope 2008~Are You Ready To Lock On?!~」では、ギターの岡本仁志がこの曲を披露しました。あまりにツボすぎて、カラオケに行くと必ず歌う曲になってしまいましたw

04.君を飾る花を咲かそう … ★★★★★
16thシングル。何を隠そう、この僕をガーネットファンにした楽曲です。
中村由利が親友の家族の葬儀に参列し、その時に湧き上がってきた感情を形にした曲。そのことを伝えていなかったにも関わらず、AZUKI七が全く同じイメージを以って歌詞を書いたので、お互いびっくりしたというエピソードがあります。
「今までも、けっこう曲の雰囲気とかで、(AZUKIさんと)お互い見える映像が一緒だったりする事はあったんですけど、ここまで具体的にそれを思わせる歌詞になっていたのは初めてです」(中村由利)

05.U … ★★★★☆
名曲ばかりが並ぶ GARNET CROW の楽曲の中で、ライブでも歌われておらず、楽曲的にもどこか影が薄くなってしまう曲…だとは思うんですが、聴いてみると普通にいい曲だったりします。

06.fill away … ★★★★★
個人的に、「この冬の白さに」と並んでこのアルバムを代表する曲。「夕月夜」とかも大好きなんですが、なんだかこの曲の存在がとても大きいのです。最初聴いたときは別に普通だなって思ってたんですけど、じわじわと。なんだかね、地味に好きなんですよね。妙にツボなんですよねw
某ビルの屋上で撮影されたプロモもとても好きです。ナチュラルな感じ。

07.僕らだけの未来 … ★★★☆☆
15thシングル。もともとは3rdアルバム「Crystallize~君という光~」に収録するアルバム曲として作られていたのですが、途中でシングル用に残すことになり、シングルとしてリリースされたそうです。
「アレンジや歌詞もシングル仕様に変えました。最初はもっとラテン系でエスニックな感じで、アルバムの中ではスパイス的な曲になるように仕上げていたんですけど、シングルにするにあたって、どちらかというとちょっとロック寄りなアレンジにしてみました。ラテンの香りはまだちょっと残っていますけど」(中村由利)

08.この冬の白さに … ★★★★★
「GARNET CROW livecope 2005~I'm waiting 4 you & live~」で、誰もが「夕月夜」だと思ってた中、衝撃の1曲目を飾った曲。この曲を1曲目にしてしまう感性に惚れますw
GARNET CROW を代表する冬の楽曲。あまり好きと言ってるファンいなくて寂しい限りですが、僕はドツボです、この曲。この曲があるからこのアルバムが好き、なのかもしれません。それくらい好きな曲。

09.ブルーの森で … ★★★★☆
「この冬の白さに」とは世界観がガラッと変わって、アップテンポなノリのいい曲。この曲はなんと言っても、「イェイ」のところで見せるゆりっぺのピースでしょうw
「君が今まで見てきたってものを/僕に話してきかせてよ/君の中で旅をするよ」っていうフレーズが好きです。

10.雨上がりのBlue … ★★★★★
「GARNET CROW livescope 2004~君という光~」にて、当時未発表の新曲としてアンコールに披露された楽曲。テーマは、GARNET CROW にしてはけっこう珍しい「夏」。「この冬の白さに」という冬の名曲も収録している為、夏と冬の楽曲が1枚のアルバムに入っています。「Feel fine!」と「Winter Bells」を一緒に入れるようなもんですw
GARNET CROW のアップテンポ曲としてかなりハイクオリティだと思います。ガーネットファンになったばかりの頃、この曲はとても聴きやすくて、めちゃくちゃ聴いてました。

11.picture of world … ★★★★☆
ただの神曲「picture of world」です。なんと言っても、イントロのピアノがとてもいい。どこか、このアルバムの雰囲気を形付けてくれてるような、そんな気がしますね。
「さぁ 奪ってゆけばいい/君にとって 未来っていうものでも/私なら何一つ なくしはしない」。印象的なフレーズですよね。耳に残ります。

12.Sky~new arranged track~ … ★★★★☆
インディーズアルバム「first kaleidscope~君の家に着くまでずっと走ってゆく~」に収録されている「Sky」のリアレンジバージョン。デビュー5周年を迎え、ずっと応援してくれているファンに対しての感謝を込めて、という意味と、当時の楽曲を今のアルバムに収録しても違和感なく聴ける、デビュー時から音楽性が変わっていないということを証明する、という意味を込めて収録された楽曲。
「やっぱり、以前の曲だけど、GARNET CROW としてのちゃんとした顔があるというか、古くない感じ?サウンドを今の感じに直してもメロディや歌詞とかその根幹にある GARNET CROW の顔は統一感があって逆に自信にも繋がりましたね」(中村由利)

13.君 連れ去る時の訪れを … ★★★★★
これってシングルじゃなかったっけと思ってしまうほど、名曲揃いの GARNET CROW の楽曲の中でも一際輝きを放っている楽曲。古井弘人、岡本仁志共に、このアルバムで一番好きな曲としてこの曲を選んでいます。GARNET CROW の5周年を代表する曲にもなってるような気がします。
個人的にも一時期ドハマりしていて、もうこの曲ばっかり聴いていた時期がありましたね。


一番売れなかったアルバムですが、一番の名盤だと、個人的には思っています。
なんだか不思議な魅力を持ったアルバム。こうして1曲1曲を見ていくと、全部が神曲!っていう感じではないですし、倉木麻衣の「FAIRY TALE」のように統一したテーマで楽曲が作られてるというわけでもない。むしろいろんな曲を詰め込んだという感じ。
で、あるにも関わらず、どこか統一感がありますよね。当時の GARNET CROW の音楽に統一感があった、といえばそれまでですが。母体がきちんとあるというか、どんな曲書いてもブレないっていうか。悩んだという割には曲順もとてもいいし。

美術館で絵画を見ているかのような印象を受けるアルバムです。1曲ずつじゃなくて、通して聴きたくなります。GARNET CROW が5年間の音楽活動で築き上げてきた実力と自信が生み出した傑作です。



I’m Waiting 4 YouI’m Waiting 4 You
GARNET CROW

GIZA studio 2004-12-08
売り上げランキング : 30698
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

| GARNET CROW 10th Project | 10:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

実は、このアルバム以降、どっぷりとファンになりました。
確か、初めてフラゲしたのもこのアルバムだったような気がします♪

夕月夜を聴いて、いい意味で衝撃を受けたんですが、一番好きな曲は「この冬の白さに」ですかね。カラオケ行ったら一番に歌いますしね。
かってしばらくは、このアルバムを寝る前のBGMにしていました(笑)

全体的にこのアルバムは全体的にまとまっていて一番のお気に入りです。

| ゆりっぱ | 2010/06/06 10:43 | URL |

このアルバムはいろいろな思い入れがありますねぇ・・・

あまり聴かない曲もありますが、
「この冬の白さに」
は、「夕月夜」よりも好きですね。
夏でも聴いてますし。(笑)
とにかく美しいの一言に尽きるって感じで。

「君 連れ去る時の訪れを」
はもう何も言わなくても良いですよね(笑)

この1枚は初期のGARNETと「TWILIGHT VALLEY」以降を繋ぐ
過渡期ならではの、独特の雰囲気があるような気がして、
結構好きですねぇ。

GARNETらしさを感じられるようになったアルバムははこの頃の作品からのような気がします。
それまでは制作陣の意図のほうが先行してるというか・・・


私的には「STAY」「TWILIGHT VALLEY」の方がアルバムとしては好きですかねぇ・・・
とは言うものの、その差はほとんどありませんが。

| げのげの | 2010/06/07 23:48 | URL |

待ってました――(・∀・)――!

ファンにも人気というからどんな名バラードが並んでいるやらと思っていたら、本当に意外なほどバリエーション豊かなアルバムで非常に驚き。
このアルバムの前後を聴くと、まさにGARNET CROWの過渡期ってのがわかりますな。その状況でこのクォリティを出せるとは……

恐るべし!(・∀・)
恐るべし!(・∀・)

あと、バリエーション豊かではあるんだけど、アルバムのイメージとしては『夕月夜』の存在感が大きいかなと思ったり。これはとってもガーネットw

それにしても好きな曲が多すぎるアルバム。
『U』がかなり好きなんだけど、じゃあそれが一番かと言われるとその瞬間に頭を抱えてしまうw
(個人的には『U』てタイトルはよくないw)


デビュー当初からのファンが離れてしまうってのは、ある程度しょうがないんだろうねぇ。どうしたってアーティストは変わり続けていくわけだし。

| かまや | 2010/06/09 20:57 | URL |

>> ゆりっぱさん
あー、このあたりからなんですねー!なんだか羨ましい…。
このアルバムの「まとまり感」はすごいですよね。
「この冬の白さに」は間違いなく名曲です。

| あすか七 | 2010/06/19 00:59 | URL |

>> げのげのさん
やっぱり「この冬の白さに」ですよねぇ。
もうこれは譲れない名曲ですねぇ(笑)

僕も…なんだかんだで「STAY」の方が聴いてますね…(笑)
でも、このアルバムの「綺麗さ」がなんだか好きです。

| あすか七 | 2010/06/19 01:06 | URL |

>> かまやさん
お待たせしましたw
「夕月夜」はガーネットらしいですよね。
特に「この頃のガーネットらしい」感じです。

「U」っていうタイトル、僕もあまり好きじゃない…w

| あすか七 | 2010/06/19 01:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aska07.blog44.fc2.com/tb.php/860-4775245c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。