TODAY IS ANOTHER DAY

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

U-ka saegusa IN db FINAL LIVE TOUR 2010 at 大阪

2010012917520000.jpg


解散を発表した、三枝夕夏 IN db のラストライブツアー「U-ka saegusa IN db FINAL LIVE TOUR」のファイナル、まさにファイナル・オブ・ファイナルに参加してきました。
実は…三枝夕夏のツアーに参加するのは初めてだったりします。今まではバレンタインライブとか、そういう単発ものしか行ったことがなく…というのも、ファンになったのが2007年の後半くらいなので、ツアーそのものがなかった、というのが現実なんですが…。

まぁ、そんなこんなで、東京公演に引き続き、ファイナルである大阪公演にも参加して参りましたので、いつものようにレポートさせて頂きます。

U-ka saegusa IN db FINAL LIVE TOUR 2010
会場:BIG CAT
整理番号:395番
開場 / 開演:18:30 / 19:30

01.Shocking Blue
ライブと言えば注目するのは1曲目ですが、やはり最後ということでベタに来ました。
今回の衣装は黒のパーカーにジーパンという、カジュアルなスタイルでした。

02.雲に乗って
1番のポエトリーリーディングのところを「今日はファイナルライブツアーに来て頂いてありがとうございます」といったような台詞に変わっていました。

03.飛び立てない私にあなたが翼をくれた
ベストに入っているバージョンではなくてオリジナルの方。この曲好きだわ…ライブで映える曲ですよね。やるだろうとは思ってましたが、やってくれて嬉しかったです。

--MC--
三「ファイナルライブということで、色々な想いがあるけれど…言葉にすると、なんだか零れ落ちてしまいそうだから、しっかりと歌で伝えたいと思います。今日のライブは、今までのどのライブよりもいいライブにしたいと思います!」

ここでスペシャルゲストの池田大介さんが登場。
車「今日も目の覚めるような真っ青な衣装ですね(笑)」

その後、4枚目のアルバムをリリースしたという話題と、アルバムについてメンバーそれぞれからコメント。打ち合わせでは車谷さんから話をふる予定だったのですが、いきなり岩井さんにふり、「ちゃんと予定通りにやりましょうよ(笑)」と岩井さんに突っ込まれていましたw

三「それでは、その4枚目のアルバムから何曲か聴いて下さい」

04.クリスタルな季節に魅せられて
MFMか何かで「絶対に歌いたい」と言っていたので来るとは思ってましたが、意外に早い場面での披露。若干テンポが遅く感じたんですが…たぶん気のせい。ライブマジックです。でもすごいライブアレンジが格好いい。

05.悲しい雨が降り続いても
まさかのこれですかー。いやー驚きでした。実はあまり聴いてなかったんですが(爆)

06.白のファンタジー
ここで、開場前にファンの方が配布していた白のサイリウムが。ファンの方の企画でこういったことができるっていうのは、本当に素晴らしい。とても綺麗でした。
それにしても、名曲ですねー。名曲ですねー。本当にいい曲です。

--MC--
三「2002年の6月12日、三枝夕夏 IN db は、この曲でデビューしました」

07.Whenever I think of you
08.ジューンブライド~あなたしか見えない~
この2曲のつなぎ方は、5周年記念ライブと同じでした。ここでも先ほどの白のサイリウムが光っていました。
三「とっても綺麗でした、どうもありがとうございました」

--MC--
メンバーが前に出てきて、この7年半の活動の中で印象に残ったことについてトーク。
岩井さんは、「Fall in Love」のPV撮影で吊るし上げられたことについて話しておられました。「監督さんから、ちょっと岩井くん空飛んでみないかと言われて…。後でCGでワイヤー消すからって言われたんですけど、それなら最初からCGで飛ばしてよ、と(笑)」
車谷さんは、初めてデシデシコールをしたとき、だそうですw

三「それでは、ファーストアルバムに収録している曲、『吹きすさぶ風の中で』」
…いや、セカンドアルバムです。

09.吹きすさぶ風の中で
これは「おお」って感じでしたねぇ。マニアックながら、本当に好きな曲でして…まさか最後の最後で生で聴けるとは思ってませんでした。
この辺から5周年ライブのときに販売していた青いペンライトが。お前ら何本ペンライト持ってきたんだwそんなお前ら大好きだw

10.ココロが止まらない
「ゆ~か、ホイ!」というまたこれ痛いノリが炸裂する曲。
お前ら曲聴いてんのか?と思ったりもするんですがw
「ふたり…きりで」のところで手を広げるポーズがすごい好きです。

--MC--
三「次の曲も、セカンドアルバムからの曲なんですけど…。特に2番の歌詞が、あまりにも自分のリアルな気持ちを表現しすぎてていて、今までライブでは歌ってこれなかった曲です」

11.青春の空
ここで、オフィシャルの方の企画であるオレンジ色のペンライトが点灯。オレンジが夕暮れの光を思わせて、とっても綺麗な光景でした。何より、ここにきてこの名曲を披露してくれたことが嬉しい。このライブを象徴する曲になりましたね。

12.Graduation
若干前の曲とテーマ的にかぶってはいるものの、こちらも大切な曲なので、やらないわけにはいかないでしょう。こちらも名曲。相変わらずオレンジのペンライトでした。

13.雪どけのあの川の流れのように
この曲もやってくれたのは嬉しかったですね~。ただ、最初がバラード調で、後半から盛り上がっていく曲なので、少し乗り切れない部分があったかもですが。

--MC--
三「三枝夕夏 IN db は、この曲からフォーピースバンドとして活動を始めました。初めて4人でPV撮影をしたり、テレビ出演をしたり…。当時のことを思い出すと、毎日ひとつのことをこなしていくのが精一杯だったように思います。私たちにとって、一番大切な曲です」

14.君と約束した優しいあの場所まで
正直、絶対にこれが最後の曲だと思ってました。だから、このタイミングで持ってくることがすごい意外で…「最後になにするの?」と思いながら聴いていました。

15.笑顔でいようよ
これまたきました神曲が。まさに三枝夕夏 IN db バージョンの「負けないで」ですね。僕も何度もこの曲に支えられました。

--MC--
三「後半も盛り上がっていきましょ~!!」
なぜかこの台詞が回らなくて一度仕切りなおしw

16.君の愛に包まれて痛い
定番となった盛り上げ曲。僕をファンにしてしまった思い出深い曲です。

17.いつも素顔の私でいたい
これを後半戦に持ってくるとは…意外でした。
間奏のところではメンバー紹介でした。

18.Everybody Jump
三「みんなー!まだまだいけますかー!?」という煽りの後にこの曲。

19.もう自分が自分に嘘をつかないように
この曲は…大きくなりましたねぇ。サビのところでのノリは定番となりました。

20.CHU☆TRUE LOVE
三「次で最後の曲になりましたー!みんなで歌って踊りましょー!」
この曲の終了後は三枝さんが先に退場し、メンバーだけで曲を弾き続けていました。そしてその後は、恒例の「夕夏コール」。

【Encore】
三「このライブツアーをもって、三枝夕夏 IN db は、解散します。私は音楽活動を辞め、一切の芸能活動から離れます。デビューして7年半、名古屋を離れて10年…11年かな。そのときは、デビューすることが目標だったし…デビューしてからも、こんなにも長く音楽活動を続けられるとは思っていませんでした。今まで、本当にいろんなことを経験させてもらいました。今は、やり切った、という想いでいっぱいです。でも、これからも今まで通り、音楽活動を続けていけるかというと、正直なところ、自信もなくて…。今は、今しかできないことを大切にしようと思って、音楽から距離を置いて、もっと自分のプライベートな時間を大切にしようと思い、解散を決意しました。解散を発表したとき、たくさんのファンの方から心配して下さってるメッセージを頂いて…実はメンバー仲悪いんじゃないのかとか、事務所ともめたんじゃないかとか…。そういったことは一切ありません。全て私が勝手に言い出したことです。…もう……言いたいことがありすぎて…」
涙する三枝さんを、車谷さんが「いいよいいよ」って励ましていました。

三「他のみんなは、これからも音楽活動をするのかな…?」
岩井さん、大藪さん、車谷さん…みんな、それぞれ音楽活動は継続していくようです。サポートメンバーとして、またアーティストディレクションなど。大藪さんはパン工場でのライブに来ていただければ、またお会いできる機会があるかもしれません、と仰っていました。

三「また…音楽をやるときがきたら、この4人でやりたいですね」


E-1.もう君をひとりにさせない
東京では泣いていて、思い切り音を外しまくっていて…名古屋ではほとんど歌えていなかったようですが。今回は歌えていた方…でした。それでも、泣いてました。

E-2.Hand to Hand
三「みんなで歌おうと思って、この曲を選びました」
という、5周年ライブのDVDを見ているかのようなMCの後、この曲。

E-3.君のハートに胸キュン②
三「これで本当に本当に最後の曲でーす!!皆さん、キュンキュンしませんかー!?」
案の定これですか…本当にこれが最後でいいのかww
と思いながら、キュンキュンしてましたw

--MC--
ここで、池田さんの進行によりサプライズ企画の発表。ファンからのメッセージが横断幕が会場の後ろに広げられました。

「三枝夕夏 IN db、ありがとうおおおおおおおおお!!!!」
メンバーがみんなで頭を下げて涙していました。そして、池田さんから三枝さんに花束のプレゼント。

岩「このバンドは…本当にいいバンドで。いろんなアーティストの方々に良くして頂いたバンドです。今日も、たくさんの有名人の方が見にこられてて…」
え?誰?誰?と会場の全員がキョロキョロしていると…。
岩「大賀さん、この前飲みにいけなくてすいません(笑)」
なんというピンポイントwってか大賀さんどこにいんのよww

三「今日…、『Shocking Blue』から始まって、23曲あったんですけど…。歌いながら、ああ、もう今日で最後なんだって…でも…ひとつひとつ、本当に心を込めて歌えたと思います。本当にどうもありがとうございました…」

と、かなりしんみりしたムードの中でしたが、恒例のアレw
車「終わった後に、宇宙が見えます!」と言って、デシデシコールw
もう一回コールもあって、ショートバージョンでもう一回w

そして、サポートメンバーも去り、デシベルメンバーも去った後、ステージには三枝夕夏ひとりが残り、マイクを使わずに会場に向かって一言。

三「どうもありがとうございました」

大きな拍手に包まれて、三枝夕夏はステージから去っていきました。

東京、名古屋ともにここでライブは終了でしたが。鳴り止まない「夕夏コール」に、ステージがパッと明るくなり、メンバーが出てきました。

【Double Encore】
岩「リーダーもう手袋はめてますやん(笑)」
三「出てきたはいいけど…えっと、どうしよう(笑)」

本当に何も考えてなかったらしく、会場にリクエストする形に。そしてその結果、「みんな歌える歌」ということで、「Hand to Hand」を歌うことになりました。

E-4.Hand to Hand
全然歌えてなかった。もう、泣きまくり。マイクを持ったまま立ってるだけのような状態でした。それでも、ファンの大合唱。それを聴いてまた涙…。感動的な光景でした。

「本当にどうもありがとうございました」

最後はもう一度マイクなしで…本当に長い時間、頭を下げておられました。
終演後のBGMは、「忘れないで」でした。


終わってみれば22時30分。3時間に及ぶラストライブでした。
東京、名古屋、大阪と、3公演同じセットリストだったようです。変えてくるかな~とは思ったんですが…。「これが最後」という意識で全公演をやっていたから、だと思います。初日の東京でさえ、三枝さんはボロボロ泣いてましたし…。

僕も…なんだか…解散ということに対してあまり実感が沸いてたり沸いてなかったりで…。でも、東京公演で「ありがとうございました」という言葉を最後に聞いたとき、急に実感が沸きました。もう最後なんだなーと…遅いw

解散ライブ、というのに参加するのは初めてですが…なんだか不思議な空間なんだな~と思いました。明らかに今までとは違うのに、今までと同じようにしようとするアーティストとオーディエンス…。

とってもいいライブでした。無理してでも参加して…参加できて、本当によかったです。
ありがとう、三枝夕夏 IN db。
スポンサーサイト

| U-ka Saegusa IN db | 10:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 解散ライブレポ、ありがとう。

 DVD化の動きはあるんですか?

 三枝夕夏 IN db は各メディアへの露出が少なかったけど、何かホッとする感じで僕の心にジンワリ響く楽曲を歌っていたなぁ。

 三枝夕夏 IN db メンバーのこれからの人生に幸あれ!

| classy0819 | 2010/01/31 18:10 | URL |

うう…、なんて素晴らしい…。いやぁ…、本当、読んでるだけで泣けてきましたよ…。DVDで泣こうと思います…(勝手に出るって決めてしまってますが…w)

ファンで良かったと、思いました、心から…。

「忘れないで」す…。

| まさし | 2010/01/31 20:14 | URL |

ネットで検索して訪問しました。
セットリストを含めた詳細なレポートですね。
ありがとうございます。

僕も関西出身東京在住なので、東京のライブは行ったんですが、やはり金曜日に大阪に行くのは厳しいので、ラストライブにはいけませんでした。

最後のHand to Hand は本当に聴きたかったです。

| もりもん | 2010/02/01 01:18 | URL |

>> classy0819さん
DVD化すると思いますよ。カメラ入ってましたし。
映像化が楽しみです。

| あすか七 | 2010/02/01 06:25 | URL |

>> まさしくん
DVD見て泣くのだー!

ファンでよかったよ、本当に…。

| あすか七 | 2010/02/01 06:26 | URL |

>> もりもんさん
あ、ありがとうございます。ようこそいらっしゃいました。
あ、関西出身の東京在住なんですね!?
僕も今回の参加はかなり…賭けでした。
行けなかった方のことを考えると、本当に行けてよかったです。
「Hand to Hand」は本当に感動でしたよ。

是非また遊びにいらして下さい。

| あすか七 | 2010/02/01 06:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aska07.blog44.fc2.com/tb.php/773-7cf4b7ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。