TODAY IS ANOTHER DAY

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mai-K 10th PROJECT 「FAIRY TALE」

前回の「PERFECT CRIME」からあまり時間が経っていませんが…。
もうやっちゃいます。待ちきれません(爆)

今回は、2002年10月に発売された3枚目のアルバム「FAIRY TALE」です。
タイトルどおり、「おとぎ話」をテーマに作られたアルバムで、
どこか幻想的な雰囲気の漂う曲が多いアルバムになっています。

このアルバムは日本のみならず、台湾のCDチャートでも1位を獲得し、
第19回日本ゴールドディスク大賞でロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
そして、mixiで過去3回行われた「好きなアルバムアンケート」では、
3回ともダントツの1位を獲得しており、ファンからも支持され続けているアルバムです。


fairy_tale.jpg


01.Fairy tale ~my last teenage wish~ … ◎
「アルバムの1曲目は、そのアルバムの全てを表現できる1曲でなければならない」
という話をよく耳にしますが、まさにそれを実現できている1曲ですね。
「夢を捨てるのが大人ならば、なりたくはない」というフレーズが、
この曲、そしてこのアルバムの主張するポイントなのでしょう。
初めて聴いたとき、「なんて良い曲なんだ」と思ったものですが、
今でも当時の感覚を忘れることなく新鮮に聴くことができます。本当に良い曲です。

02.Feel fine ! … ○
本人も出演した「SEA BREEZE」のCMに使われた曲ですね。
デビュー曲からの3曲と共に、倉木麻衣を代表する1曲としてよく取り上げられます。
若干低迷しかけていた売り上げも、この曲で持ち直しました。
ライブでもよく後半や、ラストの1曲として歌われることの多い曲ですね。
サビのところで観客がジャンプをして盛り上がる曲なんですが、
あまりに盛り上がりすぎて、「下の階に迷惑だから、ジャンプしないで下さい」
と開演前にアナウンスされることもありますw
ライブではよく聴く曲なんですが、CDではあまり聴かない曲。
それと、どうもこの曲の雰囲気は、アルバムの中で浮いてしまってる気もします。
まぁ、シングルだから仕方ないんですけど…。

03.Ride on time … ○
駅伝のタイアップが付いていたらしいですが、全く記憶にありません(爆)
他の曲が名曲すぎてちょっと存在感薄くなってる気がしますが、良い曲です。
個人的には、よくカラオケで歌っていましたw
女性シンガーの曲をカラオケで歌うってのは、正直イヤなんですが…。
この曲は歌いやすくて、歌詞にも女性らしさがなくて、ちょうど良かったんです。
いつかこの曲を1曲目にしたアルバムを作りたいと、勝手に思っています。

04.key to my heart … ◎
来ましたね。これ。「テイルズオブデスティニー2」というゲームのテーマソングです。
アルバム曲なんですが、シングル並みの知名度と神曲っぷりです。
「Wish You the Best」にも入れて欲しかったくらいです。
特に倉木麻衣のファンというわけでもない人でも、
「倉木麻衣の好きな曲」に、アルバム曲であるこれを挙げる人は多いです。
やっぱり、あのタイアップ効果はかなり大きかった…CMでも流れましたし…。
どこか、無理に「ウケ」を狙っていない感じで、自然な美しいメロディがとても好きです。
個人的に倉木麻衣のベストを作るときにも、必ず入れる曲です。

05.Winter Bells … ◎
倉木麻衣自身、初となるクリスマスソング。しかし、発売はクリスマス後でしたw
名探偵コナンのオープニング曲としてオンエアされていました。
2008年の行われた「名探偵コナン 夏祭り~夢の初ライブ~」では、
開催が8月だったこともあってか、「Summer Bells」という替歌を歌い話題になりました。
カップリングの「thankful」も発売当時から好きでしたが、
まさかシングル候補になっていた曲だったとは…思っていませんでした。
「thankful」は2007年にちょこっとだけやったツアー「BE WITH U」でも歌われました。
2007年と言えば、坂井泉水さんが亡くなった年で…。
坂井さんへの「感謝」の気持ちをさりげなく歌った…ような気がしてますw

06.Loving You… … ◎
2002年の初旬に行われた「“Loving You…” Tour 2002」のツアータイトル曲。
当時はまだ未発表曲として披露されていました。
僕自身の年齢もあって…当時のライブ活動はあまり詳しくありませんが…。
R&B調の曲で、人気を集めている曲です。
僕は当時、全然好きになれない曲でしたが、今聴くと本当にいい曲だと思います。
時と共に趣味が変化していってるのを実感する曲のひとつ。

07.Can't forget your love … ○
自分の中でどうも存在感の薄い曲…なんでだろうといつも考えるんですが。
「Like a star in the night」とどこか印象が被ってる気がしている。
それと当時、このシングルのカップリング(正確には両A面)に収録されている、
「Perfect Crime -Single Edit-」ばかり聴いていた覚えがあります。
存在感が薄くても、いい曲であることに変わりはないです。

08.Trip in the dream … ○
この曲にも、どこか「おとぎ話」というアルバムコンセプトを感じられます。
「魔法とけないうちに 月光の下を/息こらし 飛び立って」など。
発売当時はあまり聴いてなかった曲でしたが、普通に良い曲です。
こういう怪しげな雰囲気が漂う曲調は好きですし、倉木麻衣に似合いますね。

09.Not that kind a girl … ◎
「この曲が大好き!」という話をあまり聴かなくて寂しいんですが…w
「冷たい海」に力強さを加えたような曲調に、
なおかつ「おとぎ話」というアルバムコンセプトを見事に踏襲していて、
アルバムの雰囲気を見事に盛り上げる素晴らしい作品だと思います。
「今度のツアー1曲目は、きっと『Not that kind a girl』だね!」と時々バカ言います。
こんなダークな曲が1曲目になるわけがないんですがw
でも、それくらい好きな曲です。

10.Like a star in the night … ◎
「Can't forget your love」の存在はこの曲によって薄れてるのです…僕はね。
ライブでも麻衣さん自身のピアノ弾き語りで披露されたりしますし。
夜空をイメージした照明効果にも心奪われ、印象が強く残る曲ですね。
シングルに収録されているアカペラバージョンもオススメです。

11.不思議の国 … ◎
この曲は他とは違って、「詞を先に作った曲」という話を聞いたことがあります。
タイトルも見事にアルバムコンセプトを守っており、
「ミルメッド通りの公園の 白ウサギがこの街に」とあるように、
「不思議の国のアリス」に出てくる白ウサギが登場してきます。

12.fantasy … ◎
アコースティックサウンドに乗せて歌う、しっとりとしたバラード。
この、「不思議の国」→「fantasy」という流れは、本当に見事と言えます。
1曲目で「Fairy tale」という言葉とそのイメージをリスナーに焼付け、
最後にそのイメージをもう一度強烈に主張してきます。
アルバムを通して聴いてると、本当におとぎ話の世界にトリップできます。


と、一曲ずつ見ていきましたが。このアルバムの良さは「全体」にあります。
「おとぎ話」の世界を見事に「アルバム全体で」表現しています。そこが素晴らしい。
加えて、いわゆる「捨てる曲」というのが全くなく、全てが良い曲。
アルバムを最初から最後まで再生することが全く苦にならず、
むしろベストを聴くよりもよっぽど世界を堪能できる、見事なアルバムです。
まさに、「魔法にかけられるアルバム」です。

名盤と呼ばれるアルバムは数多くあるのでしょうが、
個人的にはこれほどのアルバムはそう多くはないと思います。
「倉木麻衣のアルバムで一番好きなアルバムは?」と聞かれれば、
文句なしでこのアルバムを選んでいます。
上で述べたmixiのアンケートも参加しましたが、このアルバムに投票しました。

最近は「ONE LIFE」も割りと人気を集め、僕自身も好きなアルバムなんですが、
やっぱりまだこの「FAIRY TALE」は越えられないな~…と思います。

倉木麻衣を語るなら、このアルバム抜きには絶対に不可能ですネ。
中古で1000円とか売ってるのを見かけたら、騙されたと思って買ってみて下さい。

余談ですが。このアルバムの世界観が好きな人には、
是非、GARNET CROWの「水のない晴れた海へ」を聴いてみて欲しいです。
逆に、この曲の世界観が好きな人には、このアルバムはオススメです。
スポンサーサイト

| Mai-K 10th PROJECT | 18:56 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

♪Not that kind a girl は
mai-k さんの曲では(当方、彼女はまだまだきくも素人も)
かなり好きであります。

いぇい いぇい いぇい いぇい いぇい…(笑)
あとは 負けないで…One Life…と
今作の Break the Tone !!


| かたや | 2009/02/16 01:15 | URL |

長レス行きまーすw

1,2作目とは随分違う雰囲気に拒否反応を示し、ほとんど聴いてなかったんだけど、何かのきっかけできちんと聴き直した瞬間、株急上昇を遂げた作品。
あの頃僕は若かった(爆)
アルバム全体の統一感は文句なし、捨て曲なし、さらに神曲あり。アルバムの形としてはカンペキですな。あとは好みと合うかどうか。

・Feel file!
CMとPVが印象的(笑)バンドメンバーがあまりに愉快。それと、GIZAアーティスト出演バージョンも豪華で盛り上がったねぇ。
確かにアルバムの中では浮いてるけど、2曲目に入れたことでかろうじてバランスを崩さない程度には抑えられたのではないかと。コンセプトを持ったアルバムは、シングルリリース時からきちんと考えないと難しいね。

・Loving You…
どことなくラブデイの匂いを感じる曲。
それに気づいて(というか勝手に思い込んでいるだけだけど)からは、化けた曲になった。

・key to my heart
コメントなし(爆)
ホント、ベストに入れとけよ!て思ったよ。そうすればもうちょっと売れたかもしれないのに。その辺、GIZAはわかってない。

・Can't forget your love
・Like a star in the night
けんじと真逆の人間ですw
『Can't~』は倉木麻衣歴代シングルの中でも上位を争えるほどのドツボ曲で、『Like~』は(ry
決め手はファルセット。大好物ですw

・その他(爆)
改めて聴けば聴くほどどれもこれも素晴らしい。
その中で頭一つ抜け出た曲は、そりゃあもう倉木麻衣全曲でもトップレベルな曲たちですよ。『Not~』が挙がって来なくても仕方ないw

| かまや | 2009/02/16 21:25 | URL |

>かたやさん
おぉ~…なんだか、R&Bばかりですね~。
「Break the Tone」は僕もかなり好きですね。

| あすか七 | 2009/02/16 22:55 | URL |

>かまやさん
なーがいっすねーw
「ラブデイ」が「ラプソディ」に見えましたw
街は夜ごとのラプソディ♪w
なんでこれに似てるんやろうと思ってw

「Not that kind a girl」は名曲っすよ。
もっとガンガン聴いて下さいw

| あすか七 | 2009/02/16 23:02 | URL |

このアルバム、本当に良いですよねっ♪♪♪本当に捨て曲がないから思わず何度も聴くたくなってしまう、そんなアルバムだと思います☆

このまえ、倉木麻衣のファンではない大学の友達から「倉木麻衣と言えば『不思議の国』がいいよねっ!!」って言われて(笑) 何か 嬉しかったです♪ w
「ミルメット通りの…」って歌詞、 すごく良いと思います☆ GARNET CROWの その曲も 「おとぎ話」的な感じなんですか? 聴いてみようと思います♪♪

| 朱音 | 2009/02/17 01:47 | URL |

>朱音さん
本当にいいアルバムです!最高っす!w
「不思議の国」がいいって…なんというマニアックぶりw

「水のない晴れた海へ」は、人魚姫の歌よ。
かなり独特な世界やけど。神曲です。

| あすか七 | 2009/02/17 22:02 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/02/09 21:44 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aska07.blog44.fc2.com/tb.php/338-3a7efe3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。