TODAY IS ANOTHER DAY

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

理解不能な「15秒ルール」

ダルビッシュが切れたらしい、15秒ルール。
投手が捕手からボールを受けて15秒以内に投球しないと、ボールになるというもの。

いくらなんでも無茶だと思います。NPBが決めたんでしょうか…?

これでは、キャッチャーのサインに首を振る余裕も与えられない。
西武の渡辺監督の仰るように、雨が降っても足場をならす時間もない。
佐々岡みたいにロージンバックを触りまくる時間もないw

ろくに配球を吟味しないピッチングなんて、やってもらいたくない。
一球で勝負が決まる。勝負が決まればチームの順位も変わる。
投手の勝敗も変わるし、それによって給料も変わる。
ダルビッシュの言うように、投手も野手も、一球に生活をかけてるんです。

それに、ピッチャーが投げにくそうにしてる心理状況とか…。
そういうのを見るのも野球の面白いところ。

しかしまぁ、いろいろと大人の事情で、試合時間の短縮をはかりたいんでしょう…。
そもそも15秒っていうのは…目標とする試合時間、平均投球数とか、
そういうのを計算して出した数字なんでしょうかね。

投球時間を短くしたいとか、客観的な数字を設けたいにしたって、
いくらなんでも、15秒っていうのはやりすぎでしょ…。

というより…。投手に有利なルールにした方が、試合時間短くなるんでは?
適当に投げて、打たれまくってたら、それ時間長くなるでしょ。
投手交代だって頻繁にしないといけなくなるから、その分の時間もかかるし。

誰が言い出したか知らんけど、もっとしっかりして欲しい。
こんなルール、野球がめちゃくちゃになる上に、ヘタすりゃ逆効果。
そんなこと、「ただの野球ファン」でもわかる。
「一番野球を知らない」とか言われる巨人ファンの俺でもわかるよ。
スポンサーサイト

| Baseball | 00:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ネタ被りキタ━━( ゚∀゚ )━━!!w

やっぱそうだよね、15秒は無茶だと思うよね。
てか無茶だ!意味わからんぞNPB。誰が考えた。誰がゴー出した。野球を知ってる人間だろうな?と思うくらいだよね。

>投手に有利なルールにした方が
それだと打てない試合が増えて、新規ファンにとってはつまらない試合展開になるから、NPBはやらないと思う。

| かまや | 2009/02/10 00:56 | URL |

>かまやさん
被りましたねw
mixi、きっちりコメントしておきましたよw

これって、ランナーありでもやるんですか?
9回裏1点差2アウト満塁ツースリーでもやるんですかね?w

違うとしたって…ちょっとなぁ…ん~…。
ファンを増やしたいのか、経費を削減したいのか…。

| あすか七 | 2009/02/10 01:00 | URL |

やきゅヲタから補足させていただきますと…。

「無走者の場合」ということなのでランナーが居る時は基本的に適用されません。

ちなみに国際ルールは「12秒以内」となっているそうです(アバウトにしかとってないそうですが)。

今回の件に関しては今までロクに取ってなかった15(12)秒ルールをよりによってシート打撃という練習の段階でわざわざ取ってしまったことが問題だと思いますね。

まあ、KYというか何というか…。

正直、この時間のことよりも今年から採用予定の
「きわどいボールはストライク」を今後ずっと採用し続けてほしいと思いますね。
こちらの方がはるかに国際的にも対応しやすいと思いますね。

| katsuzo | 2009/02/10 23:11 | URL | ≫ EDIT

>katsuzoさん
待っていました。一番確実な方からのコメントを(笑)

やっぱり、ランナーなしで適用するんですねぇ…。
さすがに、ランナーありでやってたら、
牽制のときとかどうなるんだっていう疑問もあるし…。

やっぱり、ストライクゾーンを気持ち広めに取るほうが、僕も良いと思います。

| あすか七 | 2009/02/10 23:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aska07.blog44.fc2.com/tb.php/317-8da2a7b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。