TODAY IS ANOTHER DAY

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弟切草(小説)

もう何年前のことか、調べることもメンドクサイわけですがw
以前に、スーパーファミコンで「弟切草」というゲームがでました。

サウンドノベルという、当時としては斬新なゲームで話題となり、
その後、発売元となった会社「チュンソフト」からは、
「かまいたちの夜」シリーズを発売し、大ヒットを記録しました。

僕は「かまいたちの夜」シリーズからこのゲームを始めて、
その後に興味を持ってゲーム「弟切草」をやりました。

まぁ、その「弟切草」なんですが、映画化され、小説化もされています。
今回のレビューは、小説版の「弟切草」です。
実は、僕自身は「弟切草」が小説化されていることを全く知らず、
ブックオフで偶然発見しました…100円でw


本書は、ゲーム「弟切草」を基にした、完全オリジナルストーリーです。
具体的には、ゲーム「弟切草」を企画したゲームデザイナが、
そのゲームと全く同じ目に合うというストーリーです。

そう言うとどこかショボイ感じがしますが、
「弟切草」が生まれたその理由にまで触れていくので、
けっこう楽しめる内容でした。

一応、ジャンルとしてはホラーに属するものなのですが、
読んでいるとホラーなのかミステリなのか、けっこう中途半端な感じです。
でもまぁ、僕はホラーとか全然読まない人なので、
ちょうどミステリとホラーが混ざったような世界で、良かったです。
その辺り、普通にホラーが読みたい人には不満かもしれません。

ただ、本書はゲームソフトとワンセットで楽しむものだと思います。
「ゲームやったことないけど、おもしろそうだから」
というようなノリで読んでも、きっと楽しめないでしょう。
是非とも、ゲームをやったことのある人には読んでいただきたい。

ちゃんと、ゲーム「弟切草」のシナリオを書いた方が書かれています。
いわゆる「パチモン」ではありませんのでw

この小説を読んで、「弟切草」は完結すると言えるでしょう。
スポンサーサイト

| Book | 19:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

弟切草は、スーファミのソフト持ってました!!
でも、知り合いに借したまま帰ってきてないです。借りパクです(笑)

結局、最後までクリアできてないんですが、結構怖かった記憶があります。小説のほうも、100円なら探してみようと思います。

| 隼人 | 2008/12/01 00:03 | URL |

借りパク(笑)
またこれ、懐かしい言葉ですねぇ(笑)

けっこう怖いですよね~あれ。
特に、出た頃なんで、すごい子供の頃ですし…。
本も面白いですよ。是非是非。

| あすか七 | 2008/12/01 00:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aska07.blog44.fc2.com/tb.php/132-50fe2342

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。