TODAY IS ANOTHER DAY

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画 プリンセス トヨトミ

20110427112940273.jpg

観てきました。映画「プリンセス トヨトミ」です。
個人的にはもっとダビンチコードみたいな感じかと思っていましたが、見てみると全然違いました。思ってたより人間臭い話でしたね。父親と子供の絆を考えさせられる映画というか…自分の父親のことを思い出す映画でした。

以下、大阪人としての感想。

大阪を中心とした物語の映画を作ってもらえるのは、本当に嬉しい。見ていて、「あ、あそこだ」と思う箇所が多々あり、なんだか大阪が恋しくなってきました。
大阪という街は、良くも悪くも独自の文化というか、独特の人間性というか、そういうものを持ったところだと思います。「大阪国」というのも、見ている人には「大阪ならやりかねんな」と思わせるのでしょう、きっと。その辺がなんだか、微妙というか、「ちょっとやりすぎちゃうんか」と思ったりもしました。思ってるより大阪人は普通です(たぶん)

結局どないやねんこの映画、というと、面白いと思います。「あれ?」と思う設定は何か所かありましたが、全体的には面白い。歴史好きな方ならもっと楽しめることでしょう。僕は全然わかりませんが。

綾瀬はるか可愛いです(爆)
最後関西弁で喋ったのは特によかったと思いますよ、ええ。でも、あんなコテコテの関西弁、もう喋ってる人そんないないんじゃなかろうかw



プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
万城目 学

文藝春秋 2011-04-08
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(仮)映画オリジナル・サウンドトラック「PRINCESS TOYOTOMI」(仮)映画オリジナル・サウンドトラック「PRINCESS TOYOTOMI」
佐橋俊彦

ポニーキャニオン 2011-05-25
売り上げランキング : 4274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

| Movie | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 八日目の蝉

semi.jpg


逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか--理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。



井上真央の背中ヌードで話題(?)のこの映画、「八日目の蝉」を観てきました。

冒頭、「謝罪の言葉もありません」という希和子(永作博美)の言葉に、「この誘拐犯は冷たい感じの設定なのかな」と不安を覚えましたが、全くの無用でした。この言葉の意味は、最後まで見て思い返すと、確かにそうだなと感じることができます。

映画では恵理菜(井上真央)を中心にして話を進めている(原作では異なるらしい)のですが、その井上真央を食ってしまうほどに永作博美の演技が素晴らしかった。井上真央もすっかり大物女優なのかもしれませんが、それをあっさり上回っていますね…。

井上真央と劇団ひとりのラブシーンには目を背けたくなりますが…それは、恵理菜の自己評価の低さを表現しているのでしょう。にしても気持ち悪かっt(ry
小池栄子も、演技は非常に良かったと思うのですが、あのキョドキョドしたキャラがそもそも受け付けないのと、小池栄子自体があまり好きでないので微妙でした。

「おもしろかった」というのとはちょっと違う、ただただ泣ける映画でした。決して許されることはないけれど、とても純粋な愛情。やるせない気持ち。写真撮影をするシーンはとても印象的でした。あと、自分は関西弁に弱いらしい。

傑作だと思います。



八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
角田 光代

中央公論新社 2011-01-22
売り上げランキング : 66

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Movie | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分 (クォーター)

img_606888_18009567_0.jpg


今年も見に行った劇場版名探偵コナンです。だんだんミステリーっていうよりもアクション映画化してきていますが、その辺は映画だから迫力があっていい感じ。池袋の映画館で、見たのが1日(1000円の日)だったこともあり、映画館は満員でした。

なんやかんやで感動します。今回も割と感動します。
15周年作品という割にはちょいとスケールが微妙でしたが…これはこれでいいと思います。渡辺陽一の声は、まんま過ぎて映画の雰囲気が変わりましたw

最近ご無沙汰の工藤新一をそろそろ出してもいいんじゃないでしょうか。
来年辺りどうでしょう。

そして、やっぱり主題歌の話をしておきましょう。B'zの「Don't Wanna Lie」。
いい曲です。カッコイイです。さすがB'zです。今回の映画、絶対B'zの新曲目当てに観に行ったファンも多いことでしょう。やはりB'zの偉大さを実感しました。映画見終わってからもしばらくサビがリピートしていました。

B'zはあまりにも偉大なので、「映画に合わせて曲を作る」ということはありませんw
昨年の GARNET CROW は映画スタッフからあれこれ言われてゆりっぺを悩ませ続けたみたいですが、そこはさすがのB'z。映画と関係ない歌詞でも全然オッケーです。でも、実際見てる側も全然オッケーなんだからすごい。これはガーネットには真似のできない「アーティストとしての格の違い」ですね…。

やはり、好きなアーティストが主題歌を歌ってくれる映画というのは素晴らしいものです。しかも毎年。これは非常に素晴らしい。来年は誰が歌うのか。次回、第16弾作品にも期待しましょう。



Don't Wanna Lie(初回限定盤)Don't Wanna Lie(初回限定盤)
B'z

VERMILLION RECORDS 2011-06-01
売り上げランキング : 14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Movie | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

letsgo_kamenrider.jpg


とりえあず歴代ライダー出るなら見に行っとけ~ってことで見に行きました。オールライダーと言えば、2009年にも平成ライダー10周年記念作品として「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」というのがありました。これが割とよく出来ていたので、今回もかなりの期待度。

と、いう期待は微妙に打ち砕かれましたw

途中までは非常によく出来た展開で、さすがだな~という感じで見ていたのですが、V3が出てきたあたりから設定がわけわからなくなり、どうでもいいからオールライダー出しとけぇ~みたいな空気が伝わってきて急に冷めましたw
あのまんま、オーズ・電王・1号2号で終わった方が物語としてスッキリしてたかも。

そしてあの場所はオールライダーを出すにはちと狭すぎやしないか。まぁ…前のディケイドのシーンが頭にあるからそう思うだけなのかもしれませんが。あれと比べるとスケールが小さく感じました。

ボスキャラだって、でかくすりゃいいってもんじゃない。ライダーがでかくない時点で、普通に考えて闘い方がおかしくなるのが目に見えてる。あんな「40」なんて文字見たって不自然に見えるだけです。

良かった点は、ストーリー前半の設定。これが非常にうまい。そして仮面ライダー1号2号の声優を、当時のまま、藤岡弘、と佐々木剛が担当しているという点。これはなかなかテンション上がります。格好いいです。V3も宮内洋が担当しているのですが、あんまり喋らないので微妙でした。

ストーリーの途中まで非常にいい流れだっただけに、後半のグダグダ感がもったいない。仮面ライダー40周年記念なら、もうちょっと頑張って欲しかったところ。昭和ライダーを出す時点で往年のファン(=大人)も見に来るわけだから、あんな子供騙しな映画にはして欲しくなかったな…と、いう感じです。

| Movie | 17:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麒麟の翼 / 東野圭吾

東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作、書き下ろし!



「新参者」「赤い指」でお馴染みとなった加賀恭一郎シリーズの最新作。本屋で見つけて迷わず購入して読みました。シリーズ最高傑作なんて言われたらね!

小説読むのがけっこう久しぶりでしたが、非常に面白くって、ずんずん止まらずに読んでいました。「新参者」「赤い指」に比べると…という意見も多数ございますが、個人的にはこちらの方が面白かったので、シリーズ最高傑作と呼んでいい作品だと思います。

父親の愛、母親の愛、恋人への愛、、、いろんな愛が詰まった作品だなと感じました。いつものことながら、加賀刑事の言葉は胸に沁みます。日本橋付近を一度じっくり歩いてみたくなる作品です。

今年は東野圭吾の作家生活25周年記念ということで、「真夏の方程式(探偵ガリレオシリーズ)」、「マスカレード・ホテル」の発売が決定しています。特にガリレオシリーズの最新作が出るというのは注目ですね。また、映画化されるんでしょうか。「聖女の救済」の映画化も期待したいですね。



麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
東野 圭吾

講談社 2011-03-03
売り上げランキング : 162

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Book | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人を動かす / デール カーネギー

人間関係の古典として、あらゆる自己啓発本の原点となったD・カーネギーの名著。常に机上において読み返す本として、重厚で華麗な装丁にあらため、四六判・上製(ハードカバー)とし、本文も読みやすく組み直した.
本書は、社会人として持つべき心構えを興味深い実例をもって説得力豊かに説き明かして類書の追随を許さない。深い人間洞察とヒュウマニズムを根底に据えた感動の書。聖書につぐ世界的ロングセラー。



タイトルに魅かれ、また世界的な名著であるとの評判を聞いて読んでみました。
とは言え、実は半分くらいしか読んでなかったりします。基本的に同じことをずっと主張している気がしたので、途中で飽きてしまったのです。しかし、それだけ筆者の主張が見事に一貫していると言えます。

いろいろと気付かせてもらった点がたくさんあります。この本が世界的なロングセラーとなったのは、やはり「時間が経っても決して変わることのない人間の本質を突いているから」でしょう。素晴らしい本でした。

これは決して、ビジネスをする上でのマネジメント本に留まりません。人間関係全般に生かすことのできる本だと思います。人間関係に悩みを持ちやすい人、既に持っている人、タイトル通り「人を動かす術」を知りたい人は、読んでみる価値があると思います。僕は途中で読むのを辞めちゃいましたが、人の人生を変えうる1冊だと思います。

ただ正直、この本の主張が効果を持つか否かは、読者の性格によるところが大きいと思います。気がしっかりした人というか、プライドの高い、芯のある人が読めば効果があると思いますが、もともと気の弱い人には効果が薄いというか、逆にその人を追い込んでしまう主張のようにも思えます。

その辺りは、個人個人で臨機応変に、ということでw



人を動かす 新装版人を動かす 新装版
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博

創元社 1999-10-31
売り上げランキング : 133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Book | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 白夜行

byakuya-kou.jpg



「雪穂は本当に亮司を愛していたのか?」

最後の数行を読んだとき、この問いかけと共に茫然としながら本を閉じる、あの感覚こそが原作「白夜行」が名作だと言われる所以なんじゃないかと、個人的には思っています。
読者のたどり着く回答次第で、2006年に放送されたドラマのような究極のラブストーリーにも、今回の映画のような「男を利用するだけ利用する悪女の話」にもなり得る。それが、この「白夜行」の魅力なのだと思います。

しかしまあ、これは原作を読んで頂ければわかりますが、本当に「東野圭吾の文章の巧さ」があって成り立つものであり、映像化するには、必ず解釈を「どちらか」に寄せる必要があります。それは、その時点で原作の魅力を再現できないということ。それが、映像化の難しいところです。

今回の映画は、完全に「悪女」と宣言しているので、ドラマとは逆の解釈になります。
ただ、この映画の巧いところは、「悪女とは言いながら、雪穂は亮司のことだけは信頼し、愛しているのではないか?」と思わせる場面が多くあることです。店の名前が「R&Y」であること、後半に亮司に対して見せる笑顔や、「白夜行」というタイトルの元となった以下の台詞が該当します。

「私はいつも夜だった。でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから」

ふたりの関係に淡い期待を抱かせた上で、あのラストシーンに持っていく。それが、この映画の巧い所で、ドラマとは違うところです。つまりこの映画は、割と原作に忠実に「白夜行」の世界を表現できているのではないかと思うわけです。雪穂と亮司の関係が最後になって明かされるのも、原作同様の展開だと言えます。ということで、個人的にこの映画には、「よく頑張った」と言いたいw

ただ残念なのは、やっぱり最初の宣伝の段階から「悪女」だと言ってしまってる点だと思います。そのせいで、後半にふたりの関係が明かされても、「でも、悪女なんでしょ」とか思いながら見てしまうんだと思うんです。悪女だと思って最初から最後まで見ていると、オチが弱い。「結局何が言いたいんだ」となるわけです。

あと不満なのは、舞台となった時代の雰囲気を出すためか、映像を古臭くしているんです。あれ、別になくていい。あれのせいで全体的に映画が重たく感じました。実際重たいんだけど。なんかウルトラマン見てるみたいでした(謎)

原作「白夜行」は名作ですが、それを映像化するのは本当に難しい。ドラマは本当に、「あれはあれ」という感じで、完全に別作品でした。でも今回は、かなりの「白夜行」具合で、本当に巧くやっていると思います。堀北真希も素晴らしい。この、感情の読み取れない難しい役をよくぞ演じきった。そして何より可愛い(結局それか)

原作ファンには今回の映画もボロクソ言われてるのかもしれませんが、個人的には合格点だと思います。きっと、これ以上は出来ないんじゃないかと。是非、「幻夜」も映画化して頂きたい。深田恭子は嫌です(爆)

原作でもドラマでも、平成元年当時を象徴する音楽として、CHAGE and ASKA を取り上げて紹介して頂いてるのですが、今回の映画ではバッサリスルーされました。

そ、そこは残しとけ…!w



白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
東野 圭吾

集英社 2002-05-17
売り上げランキング : 145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Movie | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮面ライダー 世界に駆ける

sekai-ni-kakeru.jpg


仮面ライダーBLACKファンなら当然抑えてるんでしょうけど、僕は今日になってようやく見ました。「仮面ライダー 世界に駆ける」です。

ちょろっと、あらすじを紹介すると。

毎度毎度RXに勝てないクライシスのジャーク将軍は、

ぶっちゃけRX勝てなくね?でも、BLACKになら勝てんじゃね?

と思い立ち、時間軸を歪ませてRXをBLACKの姿にしてしまいます。

BLACKの姿に戻ったライダーは見事に弱く、ジャーク将軍の思い通りにBLACKを倒せそうだったのですが、そんなBLACKを助けたのはRX。加えて、ロボライダー、バイオライダーと登場し、何がなんだかよくわからない状態になりました、という作品です。

BLACKがパワーアップして出来たのがRXであり、そのRXが変身するのがロボライダー、バイオライダーなわけで、この4人が同じ画面に映ることなどありえないわけですが、それがあり得た唯一の作品。夢の共演というやつです。

それなりに、面白かったんですけど、もっと長くやってもよかったんじゃないかと。設定として無理があるにしても、他ではできない企画なんだし。ねぇ。

ちなみにこれ、仮面ライダーBLACK RX のDVD4巻に、特典映像として収録されています。TSUTAYAでレンタル出来ますので、見てない方は見てもいいかも。ちなみに、DVD4巻では、あのシャドームーンが登場します。

| Story | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

aibou2.jpg


ふと思い立って映画館に行き、ふと思い立ってこの映画を見てきました。TVドラマでお馴染みの相棒の映画でございます。特に好きっていうわけでもなく、「テレビを付けたときにやってると見る」くらいなんですが、なんだかんだで相棒は面白いので、きっと映画も面白いんだろうという期待を持って見て参りました。


映画でこんなことやっちゃうんだ!

って感じです。
話としてはちょっと微妙だったかも。話があっち行ったりこっち行ったりで大変でした。でも、やっぱり見てる間はけっこう引き込まれるものがありました。さすがの相棒。

次に狙うは「白夜行」です。堀北真希!w

| Movie | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

借りぐらしのアリエッティ

karigurashi.jpg


スタジオジブリの最新作、「借りぐらしのアリエッティ」を見に行ってきました。
実は、ジブリは「もののけ姫」以降の作品を全く見ていない私。

感想としては…まぁ…普通?w
特にドキドキハラハラするような展開もなく、まったりした感じ。ほんわかしてます。超大作!っていう感じじゃないですね。時間も短いし、小さくまとめてる感じ。登場人物が小さいだけにw

まぁ、決してつまらないなんてことはなく。あの世界観はやっぱりジブリだなっていうか、巧く引き込んでくる感じがして、心地いいです。

このアリエッティの声優が志田未来なんですが、もうこれが思い切り志田未来でしたw
強い口調で怒るところとか、ものすごい志田未来らしい声してます。

神木隆之介はあんまわからん(爆)

| Movie | 11:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。