TODAY IS ANOTHER DAY

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東野圭吾「新参者」 ドラマ化決定!!

東野圭吾原作の「新参者」がTBSで連続ドラマ化されることが決まりました。だいぶ前から知ってたんですが、なかなかタイミングが合わず今になって記事にしてみました。

僕は、読もうかなと思いながらも、どうも手を出せずにいるんですが。この「新参者」は、お馴染みの加賀恭一郎シリーズで、加賀役を誰がやるのかっていうのが注目なわけですが、阿部寛が抜擢されたようです。「どんと来い」の阿部寛ですよ。期待ですね。

こうしてシリーズものがドラマ化されると、つい期待してしまうのが、「赤い指」など他作品の映像化ですね。まだ始ってもいないのに他の作品の話をするのも…ですがw

加賀恭一郎シリーズは、「悪意」が面白かったような気がする。読んだのが昔すぎてもう忘れちゃったけど…。「新参者」、ドラマ化するなら、本は読まないでおこう。



新参者新参者

講談社 2009-09-18
売り上げランキング : 627
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

| Drama | 20:38 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

夢をかなえるゾウ (ドラマ)

ドラマ「夢をかなえるゾウ」が最終回を迎えました。
「流星の絆」と共に、珍しく注目して見ていたドラマでしたね。

僕、水川あさみって初めてドラマで見た気がしますけど、
演技力が素晴らしいといいますか、
この「星野あすか」のキャラクタは素晴らしいものがありました。
このキャラでドラマが面白くなったと言っても良いのではないかと。

初期の頃の「スカスカっぷり」から変化していくその様は、
本当に自然だったように思います。
綺麗すぎない、飾り気のないキャラクタは、見ていて飽きなかったし、
共感できるところが多かったですね。水川あさみ凄い!

最終回の今日、ちょっとウルッときてしまいましたよw
いやぁ、感動した。

それにしても…「夢」か…。
自分にとって、「夢」って何だろう…と、ちょっと考えさせられる。
何かを始めたいと、何となく思ってはいるけれど、
それが何なのかとか、いろいろと定まっていなかったり、
何より行動力が決定的に欠如している…w

結局自分は、どこに向かっていきたいんだろう…。
そんなことでは、いかんな…。

そんなことを考えさせられるドラマでした。

| Drama | 01:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流星の絆

本日最終回を迎えました、ドラマ「流星の絆」。
お約束どおり、ドラマ・小説とあわせて、「流星の絆」を振り返ります。
なるべくネタの核心には触れないように…注意して書きますw


原作「流星の絆」は、僕個人的にもファンである東野圭吾の作品です。
代表作は挙げればキリがないですが、「秘密」、「白夜行」、「手紙」、
最近ですと何と言っても「ガリレオ」「容疑者Xの献身」でしょう。

そんな売れまくり作家の最新作として発表されたとき、
今作は「全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰!」として発売されました。
いくらなんでもそのキャッチコピーは言いすぎだろうという感じましたが…。

東野作品のひとつの特徴として、「強烈なオチ」があるように思いますが、
この「流星の絆」も、その流れを持っていますね。

人は物語を読んでいると、無意識の内に「前提」を築き上げていきます。
「裏がある」にも関わらず、それを見せずに「前提」を読者の中に作り上げ、
そして見事に壊すという、この巧さはなかなかのものだと思います。

今作は、ドラマの方が巧く前提を作り上げていたというか…。
「信頼関係」を原作よりも強く表現していたように感じますね。


しかしまぁ…、いろいろと問題点が指摘されるドラマになりましたね。
脚本:宮藤官九郎。これを機会に嫌いになった方もいるのではw
時々出て来て世界をブチ壊す「コント」。何よりあれでしょう。
あれは、どう考えても物語の雰囲気とミスマッチであります。

しかしまぁ、こう考えることもできます。
そもそも、あんな子供騙しみたいな詐欺で、人を騙せるものでしょうか。
マジメにあんな詐欺をやられたら、
「へっ、アホくせっ、あんなんで人騙せるわけないしっ」と思う方もいるでしょう。
そんな、原作が持つ詰めの甘さ(?)を、巧くギャグに変えたんだ、と。

しかし、僕が脚本に文句を言いたいのはそれだけではないのです。
あのコントだけなら、まだ前向きに解釈できないこともない。
ウザかったのは、ラストの展開、特に犯人の扱いに関してでしたね。

ただでさえ、原作で「ラストが綺麗すぎる(現実的でない)」と言われてるのに、
このドラマではもっと酷くなったように感じました。
なぜ犯人を生かしたのか。テレビを意識して、敢えて明るい展開にしたのか。
時々話題にされる、裁判での「死刑判決」の問題に対して、
「死は逃避である」と主張しているのか。ん~…考えすぎですか。
しかし、ドラマ化に当たって変更したということは、何か理由があるんでしょう。
でも僕は、事件が終わった後の虚無感のようなものを、
あの展開のせいでけっこう台無しにされたように思えるのですが…どうっすか。

そして、犯人を追い詰める屋上で見上げた流星だとか、
いきなり歌い始める中島美嘉などなど…。
ちょっと見ていて恥ずかしくなるような演出が多々ありました。
ちょっと、全体的に、ドラマってのを意識して作りすぎたんではないかと。

あと、原作のボリュームの割に10話というのは、ちょっと多い気がしました。
なんか無理矢理伸ばしたような感じ。
だからあんなに前半がコント仕立ての詐欺話ばっかになったんだよ。
伸ばすんならもうちょっと違うとこ伸ばしてもよかったのでわでわ…?


しかしまぁ、ドラマにはドラマの良さがありました。
功一が犯人を追い詰めたあの屋上は、
視聴者にとっても思い出深い場所になっていて、より良いシーンになったし。

あの三兄妹の幼少時代の苦労も、原作よりも強く感じた。
「犯人見つけたら、殺す」っていう…「殺す」っていうフレーズ、
強烈な台詞だけど、効果的に使えていて、兄妹の意思に強さであったり、
それこそ「絆」っていうのを原作より感じることができました。

最後の台詞、「切らしちゃいましたね」っていうのも、おぉ~巧いな~と。
要潤のキャラクタも、ハマりすぎててよかったですw
あの役は要潤にしかできないですねw


いろいろと書いてきましたが、そろそろまとめると。
東野圭吾の「最高傑作」とは呼べませんが、「代表作」とは呼べると思います。
これだけ話題にもなりましたしね…。
僕も、先の展開が気になって気になって、毎週楽しみにしてましたからw
全体としてはとても綺麗で、よくできた話だなって思いましたね。

良くも悪くも、今作は単純でアッサリしてるように思えるので、
本嫌いな子供でも、読書を始めるいいきっかけになれば良いですね。

ドラマ・原作共に、いろいろと言いたいこともありましたが、
全体としてはとても面白かったです。

| Drama | 00:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラマ:流星の絆

発売時から話題になってて、読もう読もうと思いながら、
でも文庫本が出るまで待ってようかな~と思ってたら、
早くもドラマ化が決定し、今日その第一話が放送されました。

「流星の絆」です。

原作は、「秘密」「変身」「ゲームの名は誘拐」「白夜行」「手紙」、
そして最近だと「探偵ガリレオ」「容疑者Xの献身」と、
代表作を挙げればキリがない、東野圭吾です。

今、一番お金持ちな作家ではないでしょうか…w
個人的にこの人の作品がきっかけで本読むようになったので、
けっこうファンだったりします。



で、ドラマ第一話の感想なんですが。

原作を読んでないのでわからないですが、
あの無意味に長い「ウサギが熱出した話」は必要だったんでしょうか…。
見てて本気でウザくなってきましたw

でも、あの詐欺の話そのものは、次回予告にも出てきてたので、
何やら今後の展開にも繋がっていきそうです。
もしかしたら、何かあるのかも、しれません。


あと、なんだか明るいのかシリアスなのかよくわからない。
きっとギャップみたいなのを狙ったんだろけど…。

なんか、何がダメなんだろうと思ったんですが…。

あの嵐のテーマソングが明るすぎるんじゃないかと思ったw
(またここで、いつものように曲とタイアップの話ww)

中島美嘉の曲はかなりいい感じで雰囲気出してたけど、
嵐のはちょっと…なんか明るすぎるわ…。
殺された両親の復讐をする話なのに、なんであんなに明るい曲を…。
二宮が出てるからって、無理して嵐使わなくてもいいんじゃないか…?


でも、キャストが実力のある人ばかりでよかったし、
最後の両親が殺されたところとか、良い雰囲気出してたし。

これからがすごい楽しみなドラマだと思います。
久しぶりに、ドラマを見ようと思いますw

戸田恵梨香が可愛いです(爆)

| Drama | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレビっ子な一日

今日、見る予定だったテレビは、無事に全部みれたw
ガリレオも、野球も、めちゃイケもみたw

映画、早く観たいなぁ…。


今日のスペシャルドラマにしても、連ドラにしても。
原作とは雰囲気が全然違うのよね。ドラマはむちゃくちゃ明るい。
原作の湯川のイメージは、佐野史郎だからね。
福山とかカッコよすぎだからw

そんな感じで、原作と雰囲気違うから、「容疑者Xの献身」っていう悲しい話をどうするか。
昼間に福山雅治も話してたけど、僕もそう思っててね~…(ホントよw
でも、予告編とか観てると、かなりいい感じ。

石神のキャラが、原作とはだいぶ違うんだけど、
それは福山雅治とのバランスを考えて、意図してやったことなんだねぇ…。
いい味出してるよぉ。


今日のスペシャルドラマ、原作があったんやね。
「ガリレオの苦悩」っていう…。出るのかな?出たのかな?
とりあえず、こっちも読みたいわぁ。

学生時代の話のとこで、石神もちょこっと出てたね。
何、あの無理矢理映画と繋げました的な感じはw

ほとんど繋がってねーしw

| Drama | 23:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月4日はガリレオの日

らしいですw

14:25から、1時間ほどの番組と、
21:00から、オリジナルストーリーで2時間ちょいのドラマがあるそうです。


野球も今日は中継するみたいやし。
なんか、今日はずっとテレビを見てそうな気がw

| Drama | 12:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。